WS♯13 絶対に離さない この繋いだ手は

0

    ちょっと遅くなったけど、シンフォギアのカード紹介いくよ!!

    そうじゃないッ!
    稲妻を喰らい、雷
    を握り潰すように打つべしッ!

    言ってること全然わかりませんッ!
    でも、やってみますッ!!


     
    【 全力の拳 響 】
    レベル0 コスト0 パワー2500
    特徴: 音楽
    自】相手のアタックフェイズの始めに、あなたは自分の山札の上から1枚を、控え室に置いてよい。そのカードが<音楽>のキャラなら、あなたはこのカードを前列のキャラのいない枠に動かしてよい。
    響「渡すものかあああァァァッ!」

    相手の攻撃をダイレクトアタックにさせたり、手持ちの助太刀でカウンターとるも良し!!
    まぁ、用途に応じて色々な事ができるのがイイ感じ。デッキを1枚捲って、特徴<音楽>のカードである必要がありますが、シンフォギアは基本<音楽>持ちなのでイベントに比重を置かなければ、良いデッキ圧縮になりますねww
    フレーバーとイラストは、第5話の戦闘シーン。戦う力を得る為に、厳しい修行に耐えた響の活躍が見れるシーンです。シンフォギア装着直後のズコーっぷりは画面の前の適合者の皆は(゜д゜)としたとかしないとかww



    【 強い意志 未来 】
    レベル0 コスト0 パワー1500
    特徴: 音楽
    永】ほかのあなたのカード名に「響」を含むキャラのすべてに、パワー+500。
    自】[手札を1枚クロック置場に置く]このカードが手札から舞台に置かれた時、あなたはコストを払ってよい。そうしたら、あなたは自分の控え室の<音楽>のキャラ1枚を選び、手札に戻す。
    未来「だから私は、響が闇にのまれないよう 応援したいんですッ!」

    響の攻撃力を+500する能力と、手札からクロックダメージを受ける変わりに、音楽キャラをサルベージできるテキストを持った未来。下の自動テキストは、実質的な手札交換として利用できるだけでなく、6ダメージで止まったクロックを無理矢理レベルアップに持ち込んで1コスト帯先のカードを早くプレイする等、面白い動きが期待できます。
    単純に、レベル3クロック回復テキスト持ちのキャラを回収して登場させても良いですし、これは良カード。響の名前しか対象にとってないので、自身が前列で殴りにいっても+500が残るのは非常に魅力的。
    フレーバーは、第13話の台詞。見守ることしか出来なかった自分の悔しさ、響の親友として自分ができる事・・・それは響が、自分は変わらない、ずっと未来の知っている立花響であり続ける。そんな気持ちに応えるよう、応援しながら一緒に戦おうと誓う決意の表れ。この2人の友情は素晴らしすぎるです


    そんな訳で、今回はここまで!!

    コメント
    コメントする








       
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック