WS♯11 小日向未来は、わたしにとってのひだまりなの

0

    週明けの最初の更新は、シンフォギア先行カード紹介の続き!!


    響、わたしたちは無事だよ
    響が帰ってくるのを待っている・・・
    だから、負けないで

    どこから聞こえてくる
    この不快な―歌
    歌、だとっ・・・・・・

    聞こえる・・・みんなの声が・・・
    良かった、わたしを支えてくれる皆は・・・いつだって側に


    【 パワーの根源 響 】
    レベル2 コスト1 パワー5500 ソウル1 トリガー1
    特徴: 音楽
    自】【 曚海離ードが手札から舞台に置かれた時、あなたはコストを払ってよい。そうしたら、あなたは自分の控え室「ガングニール」を1枚選び、手札に戻す。
    起】【このカードをレストする】あなたは自分のキャラを1枚選び、そのターン中、パワー+1500。
    響「みんなが歌ってるんだ・・・・・・・だから・・・・・・まだ唄える、頑張れる・・・・・・・戦える!!」

    前回の紹介カードの【 立花響 】をコンボで登場させる為のサポートの1枚。
    登場時に回収するコストだと考えれば、実質登場2コストで損失なしというところ。能力は、キャラの攻撃力強化のみだけど、単純なテキストが弱い訳ないからな・・・1500の攻撃力を馬鹿にしてると痛い目みますよね(-_-;)
    フレーバーは、第12話のラストシーン!!この台詞の熱さは、鳥肌がヤバイですww
    自分の戦う理由、それがあれば戦える!!生きるのを諦めないっ!!絶対に!!


    【 ガングニール 】
    レベル2 コスト2 イベント
    あなたは自分のレベル2以上のカード名に「響」を含むキャラ1枚を選び、控え室に置いてよい。そうしたら、あなたは自分の控え室の「立花響」を1枚選び、舞台の好きな枠に置き、そのターン中、そのキャラのパワーを+1000。
    響「Balwisyal Nescell gungnir tron・・・・・・・」

    レベル2以上の「響」を好きな響にチェンジできる汎用イベント。
    上記のカードで回収できるので、4コスト払えば好きな響が登場可能!!
    しかし若干思い感じがするので、トライアルデッキの【 シンフォギアの装者 響 】を使って、レベル1の「響」をレベル2にしてしまえば、コスト自体は削減できるのですよね。
    このコンボが使えるかどうかはともかくとして・・・トライアル買ってサイン2枚も引いたし、使いたいやないかぁああああ!!
    フレーバーテキストは、聖詠「喪失までのカウントダウン」。シンフォギアを纏う時のアレですね!!
    気合を入れる時、諦めたくない時、戦いに挑む時・・・・・・そんな時に歌いますww


    そんな訳で、今回のカード紹介はここまで!!
    記事の最初に、名シーンの名台詞を書いてたりしますが、12話のラスト3分の台詞が既に出揃っております。それと、カードのイラストも順に見ていくと原作再現が可能ですww
    ヴァイスの原作再現率は、本気だせば凄いものですよねマジでww

    コメント
    コメントする








       
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック