WS♯09 防人の詩

0

    昨日は1日仕事やらなんやらで更新は諦めて体力回復に務めるつもりだったのに、今朝は凄いグロッキー。まぁ、なんとか回復はしましたがねww
    そんな先行公開カードは2日合わせて4枚の紹介だっ!!
    いつものように、続きからどうぞっ!!

    翼さんの歌が滅びの歌だけじゃないってこと、
    聞く人に元気をくれる歌だってこと、わたしは知っていますッ!
    だから、早く元気になってくだい
    わたし、翼さんの歌が大好きです


    【 歌うことの喜び翼 】
    レベル2 コスト1 パワー8000 ソウル1 トリガー1
    自】このカードがアタックした時、クライマックス置場に「FLTGHT FEATHERS」があるなら、次の相手のターンの終わりまで、このカードのパワーを+3000。
    翼「世界中の人たちに、私の歌を聴いてもらいたい!」

    クライマックスシナジーで、またまた相手ターン中の強化が可能な翼さん。
    レベル2で11000なので、助太刀合わせれば基本スペックキャラクターのフロントアタックは、ほぼ一方とれるのが強み。クライマックスなければバニラだけど、基本サイズ持っているなら問題ないでしょう。
    毎度恒例のフレーバー解読ですが、今回はアニメの第9話での台詞。


    【 FLIGHT FETHERS 】
    永】あなたのキャラすべてに、パワーを+1000し、ソウル+1
    トリガー】このカードがトリガーした時、あなたは1枚引いてもよい。
    翼「私は、こんなにも、歌が好きだったんだ」

    上記のカードの対応クライマックス。
    能力は、アタックトリガーでドローできる特殊効果と、全キャラの1000+1のパンプアップテキスト。
    フレーバーテキスト、シーンともに第9話。全快で帰ってきた翼さんが、奏の伝えたかった物を感じ、自分の想いをはきだす名シーン。クライマックスのタイトルはキャラクターソングのタイトルです!!
    力強く羽撃く剣のメッセージ。この曲をバックに行われる戦闘シーンの熱さにも注目ですッ!!


    【 ノイズ(第1話) 】
    レベル2 コスト1 パワー6500 ソウル1 トリガー1
    特徴: ノイズ
    永:アラーム】このカードがクロックの1番上にあるなら、あなたの<ノイズ(第4話)>すべてにパワーを+X。Xはあなたのストックの枚数×500に等しい。

    第1話、他にも第2話や第13話でも登場した大型ノイズ。6階建ビルくらいの大きさの怪獣ですww
    能力は味方ノイズのパンプアップを行うテキスト。アラーム能力なので、自分ターンでの活躍が圧倒的に多くなりそうですね。クロック操作を行うことのできる【 安らげる場所 クリス 】なんかとコンボで使う事になりそうな予感。
    イラストシーンは、第1話の戦闘シーンの1カット。得意災害対策部のミサイルやら銃弾やらを無効とする凶悪な障壁を持ったノイズの恐怖は1話のライブシーンでイヤという程に感じたものです。
    ちなみにこの個体、翼さんの【蒼ノ一閃】【天ノ逆鱗】で粉砕される不遇な子だったりしますww


    【 ノイズ(第4話) 】
    レベル0 コスト0 パワー1500 ソウル1
    永】このカードと同じカード名のカードは、デッキに好きいな枚数入れることができる。
    永】他のあなたの<ノイズ>のキャラが2枚以上なら、このカードのパワーを+2000。

    今度は、第4話で放たれた拘束能力を持ったノイズ。
    ノイズが多ければ、3500というパワーを持ち、上記の第1話がいれば、攻撃力の強化も出来る為、レベル0帯でいきなり4000オーバーを創る事も可能。それと、無制限にデッキ投入できるので、4000オーバーの壁を作れるのは強力か??
    まぁ、最初のアタックでクロックが増えると、攻撃力は3500まで弱体化するという事、このカードがレベル0なので平気でサイドアタックでダメージが通る。この2点で涙目になるシーンはありそうですけどねww
    この個体、オレンジの嘴のような箇所から粘着性の高い液を吐きだす事で、対象物を捕獲します。主人公の響は、このノイズによって捕獲され拉致されそうになるシーンがあるのですが・・・ノイズは生身の人間に触れると、接触物と同時に炭化する性質を持っています。この粘着液は、その性質を持っていないとすると、大量に出現したら逃げようがないですね・・・


    そんな訳で、2日ぶん計4枚を急ぎ足でご紹介でした!!
    アニメ内で出てきたノイズは、他にもスライムのような個体、タコを模した個体、人型の個体等、多くのものが存在するので、種類は多くなるかもですね。怪獣好きな人にはおススメかもですww

    コメント
    コメントする








       
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック