WS♯02 喪失までのカウントダウン

0

    まだ戦えるだとッ!!何を支えに立ち上がるッ!!何を握って力と変えるッ!?鳴り渡る不快な歌の仕業か??そうだ・・・お前が纏っているものは何だ?心は確かに折り砕いた筈・・・なのに、何を纏っているッ!!それは私が創ったものか!?お前が纏うそれは一体何だ??なんなのだ!?

    シンフォギィィッーーヴウゥワアアアアア!!

     
    【 この胸の覚悟 響 】 
    レベル2 コスト2 パワー8500 特徴:音楽 
    自】()このカードがアタックした時、クライマックス置場に「シンフォギア」があるなら、あなたはコストを払ってもよい。そうした時、あなたは自分の山札の上から2枚まで見て、カード名に「響」を含むキャラ2枚を選んで手札に加える。その後、残りのカードを控え室に置く。
    響「今のわたしは・・・わたしだけの力じゃない・・・!」

    クライマックスとのシナジー効果で、山札の上2枚を手札に加える能力。手札が増えるのは心強いですけど、名前に「響」を含むカードという点では【 立花響 】なるデッキを組む事になるのかな??最初から構築の予定ではいますけどね(`・ω・´)
    他のシンフォギア装者との連携シーンも少なくはないですし、未来意外にも2人の名称を持ったカードは確実に出てくるでしょうし、カードプールが変わってくれば自ずと評価もかわりますしね。
    そもそも、デッキ圧縮になる効果が弱い訳ないので・・・つかこの響のカッコよさはヤバイww
    今のトライアルデッキなら、【 シンフォギア装者 響 】を引っ張ってきたりできるのはいい感じ??
    ちなみに、フレーバテキストの台詞は第13話の1シーン。主題歌「Synchrogazer」が聞こえてきます、マジで、この台詞のシーンの熱さは本当に凄い展開がイイ(・∀・)!!


    自】 このカードが手札からクライマックス置き場に置かれた時、あなたの山札の上から1枚を、ストック置き場に置き、自分のキャラすべてに、そのターン中ソウルを+1。
    響「シンフォギィィッーーヴゥワアアアアア!!」

    イラストは、テレビアニメ第12話のラストシーンからですね。熱い!熱さが爆発しすぎてる!!
    上記カードの対応クライマックスカードですね。ストックを貯める能力という事は、発動できるレベル2帯、レベル3帯にコストを使った、オレ達の心に最短で、最速で、真っ直ぐに、一直線に!!響き渡るような効果を持ったシンフォギア装者な響がいるという事でしょうか??
    ちなみに、この12話の響のシンフォギアのカラーリングと、上記の響のシンフォギアのカラーリングが違うのには理由があります!!このシーンは、このアニメ屈指の名シーンでもあるので、一度は視聴をオススメするよ!!


    そんな訳で、シンフォギアを振り返りながらカード紹介を行う感じになっているわけですが、如何でしたでしょうか??ヴァイスシュヴァルツ初心者な人間らしい事しか言えないかもだけど、適合者の皆はオレと一緒に歌おうぜっ!!

    Balwisyall Nescell gungnir tron…

    コメント
    コメントする








       
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック