VG♯05 

0
    JUGEMテーマ:カードファイト!!ヴァンガード

    最近、【 オラクルシンクタンク 】、【 かげろう 】も劇的な強化を受けて、大会での使用率と共に、上位入賞の数も増えている模様??そんな訳で、何度もファイトしている内に、新しいデッキのイメージが固まりましたww
     

    【 ロイヤル・パラディンデッキ 必殺!!シャイニング・フェザー・セイバー 】

    1 どらんがる(FV)
    4 アラバスター・オウル(☆)
    2 幸運の運び手エポナ(☆)
    3 まあるがる(引)
    3 ふろうがる(醒)
    4 湖の巫女 エレイン(治)
    4 小さな賢者 マロン
    2 ぽーんがる
    2 といぷがる
    2 閃光の盾 イゾルデ
    4 探求の騎士 ガラハッド

    4 試練の騎士 ガラハッド
    2 ブラスター・ブレード
    2 真理の騎士 ゴードン
    2 ハイドックブリーダー・アカネ
    2 ハイドックブリーダー・セイラン
    3 騎士王アルフレッド
    2 ソウルセイバー・ドラゴン
    2 爆炎の騎士バロミデス

    【 解説 】
    今回の構築は、ハイドックブリーダーを基本戦術に添えています!!
    今までのファイトは、パワー10000のヴァンガードにライドするプレイヤーが多かった…というよりも、≪ドラゴニック・オーバー・ロード≫のようなパワー11000のユニットが少なかったというのも理由の1つ。ですが、≪神速の騎士ガラハッド≫や≪満月の女神ツクヨミ≫といった強力な11000のユニットも登場してきたという事もあり、今まで以上に21000や16000のパワーラインを維持する重要性があがりました(このゲームでは元々重要なファクターだが、ロイパラでの21000ラインの構築が安定しなかった為)!!

    ≪騎士王アルフレッド≫は自力でのパワー20000到達が可能ですが、≪まあるがる≫のスキルによる+3000を利用して21000を構築する事で突破力を高めます。
    ≪爆炎の剣士バロミデス≫は13000に自分で強化できるので、≪マロン≫を置く事で21000に到達できます。が、もう1つのラインが21000に届きにくかったりします。なので、ここは≪ゴードン≫や≪ブラスター・ブレード≫でのインターセプト要員を確保。後にRのブースト要員に≪ソウル・セイバー・ドラゴン≫のスキルによる+5000修正を考えていると、どのユニットを配置するかは自然とイメージできるものです!!

    そんな訳で、結局≪ソウル・セイバー・ドラゴン≫を切札に勝利する!!これがこのデッキの最強の勝ちパターンですね。今後、大会プロモパック3の≪ホーリー・ディザスター・ドラゴン≫が入手できたらデッキの構築も大きく変わるかも知れません。15000に自力で到達できるユニットならブースト要員は6000パワーでも21000になれるので、他のラインの補正をかける為に≪スターライト・ユニコーン≫の採用も考えられるというのが1つ。

    H・D・ドラゴン≫ ≪S・S・ドラゴン≫ ≪HB・セイラン
    S・ユニコーン≫ ≪小さな賢者M≫ ≪ぽーんがる


    上記の配置なら、21000ラインを確定で3ライン(1ターンのみ)用意できるのですが…
    ≪ソウル・セイバー・ドラゴン≫のスキルはライドした時のみ、+5000が≪ホーリー・ディザスター≫と≪マロン≫、≪ぽーんがる≫に乗せる必要があり、CIP能力発動の為に手札に≪セイラン≫と≪ユニコーン≫を持っていないと……ん??よく考えたら26000ラインが3つになったぞ??


    コメント
    コメントする








       
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック