コラム♯3 勝つ事を知る為に必要な事

0
    JUGEMテーマ:デュエルマスターズ(デュエマ)

    久々の、コラム更新ですが・・・まだ今年入って、3本目と・・・もう半年近く・・・

    そんな訳で、今回は普段からデュエマ・・・むしろカードゲーム全体で言える事ですが、自分が普段から気をつけている事というか、コレを意識しておけば、スキルアップに繋がるというお話!!
    為になるか??為にならないか??それはこのブログの読者の皆、読み手がどう受け止めるかにもよるし、実際に大きい大会で成績残してもないような1人のプレイヤーが、タイトル詐欺してるぜwwみたいに思われてもしょうがないとは思うけど、1つ上のランクを目指す者として、自分の意識向上も含めて、コラムに残したいと思います!! 
    【 1 】 勝つ事を目的とせず、まずはデッキを知る
    チョット言ってる事がおかしいでしょうけど、正しくは1番に勝つ事を考えないという事。
    構築したばかりのデッキで、大会で勝つ!!なんていうのは誰だって無理です!!まぁ、100パーセント無理とは言いませんよ??中には、ポンとデッキを作ってトントン拍子にトーナメントで、優勝する人もいます。1番の理由としては、デッキの構築が上手い等と言われるかも知れませんが、そんな事はありません。同じ考えを持ってデッキを構築する人なんて、探せば全国に1人や2人と言わず、何百、何千といるかも知れませんよね??でも、そういう人は何万というデュエマから積んできた知識があるというのもありますし、何よりカードに対する理解力の違いがあります。これが1枚でも、構築の違いが現れる点でもありますし、環境の読み方の違いが現れます。40枚の1枚、凄い重要です。

    【 2 】 知識の差を埋めるには??
    回数を積む事で、ある程度のカバーは効果はあります。そりゃ10年以上あるゲームですし、最初のユーザーが必ずしも、後のユーザーを一掃する事なんてほとんどないです。3000枚以上のカードがあると言っても、使うのはほんの20種程度と考えれば、後はデッキのタイプを研究する事です。
    周りの仲間と、意見を交換する事で、自分も相手も更なるレベルアップを狙えますしね??

    【 3 】 構築への糸口を探す
    負けて当然と思うなら、正直デッキ構築は諦めて、構築積みデッキを使ってください!!
    調整・・・コレは、自分のデッキの足りない部分を見つけたり、必要のない部分を探す作業の1つでしかありません。調整のデュエマで、勝てない時点でデッキを投げるのでなく、改造点を探す事を1つでも探す事を目的としましょう。あくまで調整です、命まで採られたりしません!!
    何故調整をするのか??満足するデッキを求めているからでしょう??それこそ100回、200回とデュエマして、自分だけのデッキを突き詰めるべき!!というか、それがデッキ調整です。

    【 4 】 大会、フリー・・・対戦での姿勢
    まずは、自分のデュエマをする事。自分のデッキの動きを冷静に見つめる事!!
    そりゃ、相性の悪いデッキが出てくるのは当然あります!!だけど、それに負けた事で、そのデッキが死んだものになる訳ではないですよね??なら、次に繋げるにはどうするべきか考えましょう。
    もちろん、その負けたデッキをメタするのではなく、自分のデッキとして足りないものを、1つずつ考えるのです。2ターン目にマナ加速が引けなかったのならば、同じコストのブーストを増やしたり、3ターン目に、それをカバーできるカードを積んで、4ターン、5ターンと繋げる意識を持つ事。
    その道筋ができているデッキは、良くみかけると思いませんか??
    その道筋が、明確に見えているからこそ、強いデッキというのは完成するのです!!
    それと、負ける気で大会には出ないようにする事。デッキの動きが悪かろうが、1人のデュエリストとして、最低限の勝利を目指しましょう。もちろん、相性の悪いデッキが相手でもね??
    自分の使うデッキを裏切る気持ちで大会に参加するのであれば、1勝しても嬉しいことなんてないです。相手が目上だろうが、苦手なタイプであろうが、選んだデッキを裏切る行為だけはしない事!!
    無理矢理な勝ちを狙ったデッキが勝てたとしても、その勝利に価値があるのか??それは、自身の胸に手を当てる事で理解できるはずです。1戦に泣くものは1戦に泣きます。その事を良く覚えておくと良いでしょう!!



    そんな訳で、デッキ構築から勝利するまでの道筋の1つでした。
    3歩進んで2歩下がる・・・そんなデュエマでもいいじゃないか!!


    コメント
    コメントする








       
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック