新殿堂発表!!

0
    JUGEMテーマ:デュエルマスターズ(デュエマ)

    西日暮里駅東口様より、新殿堂ルールと、【 超竜 vs 悪魔 】のカードリストが公開されました。
    いつもありがとうございます!!早速、見てみようじゃないか!!
     
    新規プレミアム殿堂
    【アクアン】
    【サイバー・ブレイン】

    新規殿堂
    【光牙忍ハヤブサマル】
    【龍神ヘヴィ】
    【魔光蟲ヴィルジニア卿】
    【威牙の幻ハンゾウ】
    【邪神M・ロマノフ】
    【ラッキー・ダーツ】
    【転生プログラム】
    【ハイドロ・ハリケーン】


    そんな訳で1月15日付けで、施行開始です。
    今からデッキ構築は気を付けて考えないと、来月の地方予選会は痛い思いするかもよ??

    1 】新プレミアム殿堂の2枚
    これは、予想通り・・・と言いたいけど、≪サイバー・ブレイン≫は予想していなかったww
    でも、無条件3枚ドローと言うのは、やはり強すぎた。高速で、≪ゴースト・タッチ≫なんかは連打するコントロールデッキなんかは、コレ1枚で失った手札を取り戻す事は用意だった。そう考えれば、今後のデュエマ速度を落ち着ける意味では、禁止昇格は当然か??
    それと≪アクアン≫だが、コイツはどうしようもないくらい前から問題視されてるので、構築次第で5枚ドロー確定的なのは、どうみてもスペックがおかしい!!それと、【 超次元コントロール 】系のデッキに対する抑制手段とも思えるが??どちらにせよ、9年もの間暴れた彼等に敬意を表し言わせて欲しい。

    「2度と、帰ってくんな!!」

    2 】殿堂ルールへようこそ!!
    登場してから言われ続けていたシノビ2種の殿堂は正直大きい。まず、アタッカーのサイズを制限させていた≪ハンゾウ≫の警戒が薄れる事で、パワー6000クラスのクリーチャーは評価が一変するでしょうね。≪ハヤブサマル≫も影響が薄くなる事で、自然と大量展開からビートするデッキに弱くなりました。シールド・トリガーの≪霊騎コルテオ≫等のクリーチャーを投入する事で、カバーする必要がでてきたのではないでしょうか??
    そして、≪M・ロマノフ≫と≪ラッキー・ダーツ≫、≪ヴィルジニア卿≫と今の環境でも活躍する切札達ですが、高速ゲーと化していた環境を落ち着かせてくれる事でしょう。1枚でも、≪M・ロマノフ≫の破壊力は図りしれないですが、≪エンペラー・キリコ≫のような感じで環境に現れるかは…今後の研究次第でしょうか??
    ≪ハイドロ・ハリケーン≫は1枚で、大量のボード・アドバンテージを得るカードでしたし、連打するだけでゲームが終わりかねない…つか終わるカードでした。1枚でも、闘えるカードなので、空いたスペースに何を積込むかでデッキとしては生き残りそうですね??
    ≪転生プログラム≫も、正直≪アクア・パトロール≫みたいなカードですし、これはしょうがない!!デッキこそ選ぶにしても、数々の1キルやデッキデスを行ってきたカードです。コストを踏み倒すにしても軽すぎたのでしょう。6コストの≪オロチ≫等は、デッキは破壊しないですしね。
    ≪龍神ヘヴィ≫も、ループコンボを初め、≪グール・ジェネレイド≫の始動パーツ、安定した除去1ドロー、墓地進化の種…多くの危険性を持つカードだっただけに、4年の歳月を経て殿堂です。相棒の≪メタル≫とは≪大地と永遠の神門≫でサポートしたりすれば??

    コメント
    コメントする








       
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック